【topics】特別講義の講師初体験とか

はい、皆様こんにちはDee-Sです。

去る2月25日(土)にKAZUHIRO ABO君主宰の桜木DJアカデミーにて「Acidhouse Movement 30周年記念特別講義 -日本の音楽メディアが語らなかったダンスミュージック その歴史と軌跡-」という内容で講師初体験しました。実際のトコロ、このAcidhouse Movementについては事細かに説明されている文献って、実は日本は勿論、海外でもあまり無かったりするんですね。個人的にはイギリスの歴史的大事件だと思っているのですが、やはり書けないネタが多過ぎるんですかね?もう自分の知る限りの資料や文献を漁り、当時のフライヤー、新聞の切抜きを集めたり、映像なんかも集めました。資料作成も相当時間をかけて作って、スライドショーだけでも60ページ超え、さらに補足で話す事なんかも交え、当初は2時間の講義内容に纏めるつもりが、まぁやっぱり2時間じゃ無理で…結局3時間超えの長い長い授業となりました。

僕自身、こういった歴史の授業ってDJスクールで教えていくべき内容だと思っていたのですが、実際DJスクールの殆どが「DJの基本的技術から現場デビュー or トラックをリリース」という流れで、言わば「座学」が無いんですよね。確かにDJやりたい、トラック作りたい、という事が生徒の方には全てだとは思うんですけど、やはり海外の歴史背景なんかも知る事で、選曲にも説得力って出るんじゃないかなぁ?とは思うんですよ。別に実体験が無くても、源流を知る事で「何故、今この音なのか?」というのが歴史を追う事で分かり易くなるんじゃないかなぁ?なんて思ったり。そもそも新ジャンルって突然沸いてくるものではなくて、何らかの流れで進化して産まれるものだと。それこそリアルタイムでダンスミュージックを聴いている人で何十年も聴いていると、「リバイバル+焼き直し」が必ずどこかで起きている、と気が付く。なので今回、このやさぐれ中年が教壇に立つという素敵な案件になりました。

自分自身も記憶が曖昧であったり、日本で過去に出版された文献も複数チェック、海外の文献も確認して間違い探しをしつつ、何が正しいのかをキチンと精査するのにも、とても有意義な事であったのは間違いありません。そして、今回の講義で最も自身が気を付けていた事がありました。それは「情報に一切のバイアスをかけない」という事です。音楽雑誌なんかでもバイアスがかかりまくった記事を読むのが結構好きな方には申し訳ないのですが、自分自身、バイアスがかかった情報に全く興味が無く、事実のみをしっかり伝えて欲しいという思いがありました。余談ですが、そういったバイアスがかかった雑誌や記事にウンザリして、自身が出版業界を目指して結局は物書きになり、海外のシーンをキッチリ自分で体感したいと思ったら、帰国して海外パーティーのレジデントDJになっちゃったんです。若さって怖いですよねw 今はもう枯れ気味中年真っ盛りですが。

で、この講義なんですが結構な反響が有りまして「すごく興味があるんだけど、都心に住んでいないから行けない」という声を頂きました。とてもありがたいお話です。また、この講義が1回こっきり、というのも勿体無い、という話になったので、現在、資料の再構築と文字起こしをして、近日中に対話形式の論文という形でリリースする運びになりました。現在、鋭意執筆中ですので楽しみにしている方、もうしばらくお待ち下さいませ。

それでは☆

【topics】Chill OTO #3

皆様こんにちは、Dee-Sです。

社会の喧騒から離れ、人と人が優しい気持ちで接する、繋がる事の気持ち良さを皆で共有したいし、心身ともにリラックス出来る社交場としてのClubが有っても良いんじゃない?という事でスタートした「Chill OTO」も第3回、4者4様の解釈で紡ぎ出すChill Out Musicに包まれるパーティーです。オールナイトのパーティー前にひと休憩したり、普段ナカナカゆっくり話せない友人と話したり、じっくり酒飲んだり、単純に心地良い音に包まれたりと、楽しみ方はそれぞれ、是非、遊びに来て下さい!

Chill OTO

Date : 2017/3/10(金)18:30〜
Venue : @OTO_SHIBUYA
DJ:DJフクタケ、Dee-S、高野政所、KAZUHIRO ABO
CHARGE:¥1,500

渋谷OTO MAP

【DJmix】Drumatrixx – Slo-Mo Acid Party

New music derived from Nu Disco. That’s Disco Not Disco. What is going on in the basement of Europe now? Is this trend that Andrew Weatherall and his faction set as antithesis to existing dance music? Slow Motion House has a groove that can be said to be the future of Acid House Movement. Drumatrixx introduces this new trend.

個人的に2011年頃から追いかけていたNu Disco系アーティストの非Discoトラックをかき集めてMix作りました。Andrew Weatherallやその周辺(レーベルだとEmotional Especial,Cotton Bud,Magic Feet等)の実験的かつ往年のAcidhouse Movement期を彷彿とさせるような作風に纏めました。Indie Rock,Dub,Deep House,Italo Disco,Acid,Raveの要素をギュッと濃縮、BPM100という超絶遅いイーブンキックながらもTrance/Prog House的解釈で展開を作るという自分で言うのもアレなんですが、だいぶ難しかったです今回のMix制作は。そんな訳で、物好き(変態)な方は是非、ご一聴下さいませ。

【topics】Chill OTO #2

皆様こんにちは、Dee-Sです。

社会の喧騒から離れ、人と人が優しい気持ちで接する、繋がる事の気持ち良さを皆で共有したいし、心身ともにリラックス出来る社交場としてのClubが有っても良いんじゃない?という事でスタートした「Chill OTO」も第2回、4者4様の解釈で紡ぎ出すChill Out Musicに包まれるパーティーです。今回はフードで鍋料理あり、私がウェルカム烏龍茶をご用意、心も身体も暖まる時間を皆様と一緒に楽しく過ごしたいと思っております。是非、ご来場の程よろしく御願い致します。

Chill OTO

Date : 2017/1/6(金)18:30〜
Venue : @OTO_SHIBUYA
DJ:DJフクタケ、Dee-S、高野政所、KAZUHIRO ABO
CHARGE:¥1,500
ウェルカム烏龍茶&Chill鍋有り

渋谷OTO MAP

A Happy New Year 2017

新年あけましておめでとう御座います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

2017年は特に目標らしい目標は無いのですが、年齢も年齢なので無理せずに自然体で流れに任せる、くらいの心持ちで過ごそうと思っております。Dee-Sです。

とは言え、今年は自分の中でテーマがありまして…キーワードは「Chill Out」なんですね。何でまた「Chill Out」なの?って話ですよね?実は自分の中でとてもモヤモヤしている事が有るんです。というのも、何時からなのかはよく分からない(恐らくSNSの一般化、3.11等)んですが、どうも最近の日本人、お金も心も余裕が無いからでしょうか?「不寛容な社会」になっている気がしてます。SNSを見ていると、何だか戦時中のマインドに近い空気を感じていて、それこそ武器を持たずに言葉であたかも殺し合いをしているかのようなやり取りが展開されたり、誰かがヘマをやらかしたら寄って集って集団リンチをするような光景をよく見かけます。一体何故、こんな世の中になってしまったのでしょう。それこそ誰も得してないし、攻撃する側の人間は自分が加害者意識も無く、ただイチャモンを付けたがっている、正義という名のもとにアクションを起こしているようにも見えます。

でも、よく考えてみて下さい。この文章を読まれる方は少数だとは思いますが、「因果応報」という言葉が御座います。よい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。最近では正義という言葉は、自分の行動を正当化する為の都合の良い言葉となっている気がします。何故、人は戦争を止めないのか? それは、お互いが正義という名の下に、行動をしてしまうからです。その積み重ねによって、多くの人は幸せになっているでしょうか? 現状を見てみましょう。実に息苦しく閉塞感のある社会が出来上がり、誰もが生き辛い世の中になりました。

自分自身は、こういう社会を望んでなんかいません。何が何でも「不寛容な社会」には中指を突き立てたい、と思っています。

そこで、今年のテーマは「Chill Out」になりました。まさか世の中へのアンチテーゼとして、この言葉が使われるなんて想像もしませんでした。まるで90年代初期のイギリスで起きたRaveカルチャー以降のようです。記憶もおぼろげになっちゃいましたが、Rave全盛期に行き過ぎた商業主義やハードコア化するクラブカルチャーに警鐘を鳴らすアンチテーゼとしてChill Outが流行したあの頃を思い出します。近年、海外ティーンの間でもEDM以降の新たな潮流としてChill Out Musicが密かに浸透しているのも見逃せない動きとして個人的に注目しております。この背景には、やはりアメリカの一部の州で合法になったり、他の国でも合法化が進んでいる大麻の影響も少なからず有るでしょう。またEDMに酔狂している20代後半から30代中盤くらいを見て、海外ティーンは冷ややかな目線(反面教師)で捉えて、俺たちはもっとクールに楽しむぜ、という感覚でChill Out Musicを楽しんでいるというのも納得してしまいます。日本で言うと「さとり世代」に近い感覚なのでしょうか。

日本でも、Chill Out Musicが注目されても良い頃なんじゃないかなぁ?と個人的に思っていて、社会もヒトも「行き過ぎちゃった」感が出てきたし、音楽は社会情勢がモロに出るので、そろそろかな?なんて思っています。丁度、自分もDJフクタケさん、高野政所さん、KAZUHIRO ABO君とChill Outをテーマにしたパーティー「Chill OTO」をスタートしましたし。社会の喧騒から離れ、人と人が優しい気持ちで接する、繋がる事の気持ち良さを皆で共有したいし、心身ともにリラックス出来る社交場としてのClubが有っても良いんじゃない?と思ってます。

長々となりましたが、DJingでも楽曲制作でも文章でも「Chill Out」というキーワードで今年を乗りこなそうと思います。あと、今年で当Blogも10周年となりました。節目の年なので去年の筆不精っぷりは反省しかないので、キチンと記事の更新頑張ります。引き続きご支援の程、よろしく御願い致します。

【topics】KORG M1 トラックコンテスト

はい、皆様こんにちはDee-Sです。

私の運営するレーベルWaveform Music Lab合同企画という事で、KORG M1 トラックコンテストを開催!KORG M1と言えばPCM音源のシンセで一世を風靡した往年の銘機。特にHouseのPianoなんかでは多用されましたよね!? でも他にも実はとても優秀なプリセットが入っているんです。実は手前味噌で申し訳ないのですが、2016年11月にリリースし、Beatport House Release Chart6位、Deep House Release Chart9位にランクインしたBTT90s EPに収録されているDrumatrixx – Remastered 199Xで使われているオルガンはKORG M1のプリセットをそのまま使っています。以下、Preview音源で確認してみて下さい。

そして、自分もこのコンテスト向けにトラック作りました。往年のBalearic/Tranceの雰囲気を残しつつ、敢えてBPMを遅くして昨今のChill/Balearicに馴染むようにアレンジしました。

当コンテストで採用者は、Beatport,Junodownload,Traxsource,iTunes,Amazon等の主要ショップでの販売をサポート致します。また、売上は当レーベルの規定に沿った形での分配致します。

ルール

1.必ず1パートはKORG M1のプリセットを使用して応募の際にプリセット名を明記すること。
2.クラブミュージック要素は必ず盛り込んで頂くこと(但しジャンル不問)
3.締切は2017年2月28日PM23:59まで

因みにM1は実機でなくても構いません。ソフトシンセのKORG M1でも当然可能です。2017年1月5日まで半額セールを行っていますので、持っていない方はこの機会に如何でしょう?動作も軽く、使い勝手も良い優秀なソフトシンセなので、持っていて損は無いと思いますよ☆

デモ音源の送付につきましては、TwitterアカウントのDMでも結構ですし、info[アレ]waveformmusiclab.comまで送付頂いても構いません。皆様の参加、お待ちしております!